上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.20 母、負傷。
お昼ごはん
昼前から出掛けていたのでお昼ごはんは大戸屋(笑)

お昼ごはん終了後、買い物中に母から珍しくメールが。
「昨日転んでおいわさんになってしまいました(T-T) 」
と書いてあったので
「あらら、連休はどこも行けないね~」と軽く返信したら
「写真見たの?」とすぐ返事が来ました。
どうやら母が写真添付し忘れていたみたいなので
「写真付いてなかったよ?」と送ったら・・・

またすぐに写真が送られてきまして。
見てみたら・・・絶句。
想像以上のおいわさんです(爆)
眉毛の上・こめかみ付近・左顎に酷い擦過傷。目の周りはおいわさん。
上唇が大きく切れて腫れあがっていて口の周りも内出血。
とにかく顔の左半分が
なんか紫とか赤とか擦過傷の上に貼ったガーゼとかで悲惨な状態。


慌てて電話をしてみたら
しょんぼりな母が怪我の状況を説明してくれました。
マンションの駐車場に坂道があって、
そこに最近マンション側が出っ張りをわざとつける工事をした
(敷地内で車がスピードを出しすぎないように)らしいのですが、
母は歩いて坂道を下りながらその出っ張りにつまずいて、
両手に荷物を持っていたため顔から着地。
なんと前歯も3本欠けたり曲がったりした模様です。
(唇が派手に切れているので口が開かず、正確なところはまだ不明)

転んでしばらく起き上がれなかったらしいのですが、
母を車から降ろした後、車を車庫入れしてきた父が気づいて
そのまま車で病院へ。
しかし救急車を呼ばなかったため、2軒の病院を回ることになり、
検査やらで待たされ時間がかかったあげく
縫合が必要だった唇は腫れあがって縫合不可になったとのこと。

頭を打っていたので検査をいろいろやって、
3時間以上経ってようやく家に帰れたということでした。


無理せず救急車を呼べば検査も処置も同じところで出来ただろうに・・・
と私が言ったら、その時はそこまで頭が回らなかった、と。

まあ顔やらは時間が経てば治るでしょうが、
歯の治療やら首(むち打ちみたいに痛いらしい)やら
しばらくは大変かもしれませんねー。


電話で話は出来てるし、
ブーブー文句を垂れていたので脳に異常はないと思いますが(^^;)
これを機に、せかせかしたその性格を少し直して欲しいものです。
とにかくせっかちなんだよなー。
転んだ時も、バッグの中から鍵を探しながらせかせかと歩いていたようなんです。

遠くに住んでるし、何も出来ないけど
とりあえずお大事にと言っておきました。


その後、夜にまた母から電話があって
「言い忘れてたけど膝も切れてて何針か縫ったのよー」
って、お母さん・・・(呆)

2針目くらいまでは麻酔があんまり効いてなくて
縫う感覚がよくわかって数えていたらしい。
でも結局何針縫ったのか聞いたら「わかんない」だそうです(爆)
頭の検査は大丈夫だったらしいけど・・・ホントにだいじょぶか?(・・;)

とにかくよく怪我をする母。
今回またか、という感じではあったけど、
いつもより酷い怪我をしながらも今まで同様骨折はしていません。
きっと私は親に似たのだろうと思います。
(↑昔、前のめりに階段15段落ちをして
全身23ヶ所打撲を負いながらも骨を折らなかった娘=私。
しかも私も2年に1回くらいは結構な怪我をするんだよね。爆)

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。