上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日TVを見ていて、ちょっと面白いことに気付いたのです。

いわゆる一般的な犬好きさんと猫好きさんの違い。
(↑つまり、およそペット尊重の精神を持ち合わせていない方々のことです)

犬好きさんは犬にコスプレさせる。
それに対し、猫好きさんは猫をコスプレさせることは少なく
人間の方が好んで猫コスプレをする傾向にある(爆)

試しに「犬好き コスプレ」「猫好き コスプレ」でググってみてください。
前者はコスプレしたわんこ画像ばかりなのに対し、
後者は怪しげな人間コスプレばかりww
こんなマフラー↓や、ルームウェアなどで猫に変身する人間が多いです(^^;)



犬も猫も飼った経験のある私の個人的な感想ですが・・・

一般的な猫の飼い主(猫好き)さんというのは、
「猫ってマイペースで、全然自分の思い通りにはならない(笑)」
というところからスタートしているので
そもそも猫という生き物の生態を尊重するところから始まっている感じがします。
なんというか・・・諦めの境地から始まっているわけです(爆)

だから、何かいたずらをしても、何かをこぼしても
躾けが行き届かないせいだとは思わない。
お猫さまの手に届くところに置いていたわたくしが悪うございました、となるw
猫に、ああして、こうして、オスワリして、とかいう要求(高望み?笑)もしない。

というわけで、猫は基本自由に生きていて
いわゆる問題行動を繰り返す猫、というのが
犬よりはだいぶ少ないんじゃないかと。

猫と暮らす世帯で猫に問題行動が起こる時、
それは猫自身の問題ではなく、躾けの問題でもなく、
人間側が猫を増やし過ぎたり不衛生な環境のまま飼育したりすることに
端を発したものが多いような気がします。


私はチャコかりんと生活する前、
実家で10年ほど猫と暮らしていました。
自由気ままな猫と暮らした経験があったのに、
犬たちと生活し始めた時に素直に犬たちを尊重出来なかった大きな理由は
「犬=人様に迷惑をかけないよう、飼い主がなめられないよう、
しっかり躾けなければならない」
という間違った思い込みがあったからです。
後年、Eggiさんに出逢って、わんこを尊重した接し方について知った時、
目からうろこ、といいますか、
なんだ、こんなに肩肘張ってボスとして接する必要なんかなかったんだ、と
気づかされたんですよね。

そして、犬が去り、猫たちと再び暮らし始めた時に、
わんこ尊重についても前にも増してストンと腑に落ちました。
犬と猫、違う生き物ではあるけれど
結局のところ尊重しようと思うと「どっちも同じじゃ~ん♪」って(笑)
だから今、猫と暮らしていても
実家のミーコと暮らしていた10年間より、犬たちと暮らした十数年より、
ずっとずっと心が軽いし、楽しいのです。
犬たちと暮らし始めた頃に、このことに気付けばよかったな・・・。
今なら、もっとわんこと楽しく暮らす自信があります(笑)


うーん、うまくまとまらない。
言いたいことが皆さんにも伝わるといいんですけど。


くり氏
かっこよく写ったくり氏www


舌出し王子
かっこわるく写った王子。
舌チロ可愛い(^^)

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。