上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.22 半沢ー!
ついに「半沢直樹」の最終回。

最初から最後までしっかり観ましたが
やっぱりこれは実力派の俳優陣の芝居のうまさと
脚本の良さの勝利でしたねぇ。

私的には、どこからどう見てもステキ男の石丸幹二さんを
悪役っぽく使ったり(浅野支店長)、
吉田綱太郎さん(内藤部長)が出ていたり、と
演劇畑の方々が実力を発揮していたところが気に入っていました。
あと緋田康人さん(小木曽)は元お笑いの人なのに憎たらしかったしw

そんで香川照之さん(大和田常務)ね!(爆)
言うことないですね。

私、香川さんの芝居をいつごろからチェックするようになったのかと
Wikiなどを見て調べてみたのですが
どうやら一番最初に思い当たるのは、
NHKの朝ドラ「おんなは度胸」の板前さんの役からみたいですね。
藤山直美さんが好きで、藤山さんを観るためにこの番組を観ていたのだけど
藤山さんと香川さんが印象深かったんですよね~。
となると、もう20年も前から香川さんチェックしてたのか(笑)
なんかすごくない?>自分www

でも出演シーンちょっぴりなのに
その香川さんすら小物に見えてしまうほどのオーラを放つ
北大路欣也さんってどんだけ~!!
と思わずにはいられませんでした(´ж`;)

ドラマの幕切れは予想通りの出向。
「正義はたま~に勝つ(ことがある)」というとても現実的な終わり方。
あの最後の堺雅人さんの表情の変化も見応えありましたよね。


個人的には「倍返しだ」とかいうセリフはいまいち好きじゃない。
上司に向かって啖呵を切るのも好きじゃない。
(あ、自分は上司にでも物申す方ですけども。爆)
でもすごく面白いドラマでした。
地上波でこれだけ面白いドラマは珍しいですね。
(私が時々見ているwowowのドラマは
スポンサーに影響されないので「大人の事情」などなくてやりたい放題。
それもまた面白いですけどねww)


それから、気づいていない人もいるかもしれないけれど
「半沢」は、ドラマなのに「主題歌」とやらが無かった珍しいドラマでした。
面白ければ客寄せの主題歌も要らん、ということがバレてしまった!(笑)
いろんな意味ですごかったのね~( ´艸`)

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。