上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.25 またたびと猫
ご乱心~♪
またたびに興奮するここちゃん・・・と言いたいところですが
これが違うんだな(^^;)

猫にまたたびを与えると恍惚状態になりますが、
うちの子たちには効果ゼロです。
(くろちゃんはまだお子ちゃまだし、
ここちゃんは鼻炎で鼻が利かないからということもあるかも・・・)

ここちゃんもくろちゃんも、またたびの木(というか枝)で
玉取りをするように遊んで、別の意味で興奮しています(爆)

ちなみに、在りし日のちょびは、またたび大好きっ子でした。
ちょび、生後3~4ヶ月で去勢していたのに、成猫になってから
なぜか人族の私に向かって発情したりしていましたから(爆)、
またたびにウットリしていたのも頷けますね(^^;)


またたび=猫がウットリ、ということはかなりの人が知っていますが、
またたびで呼吸困難になって死んじゃう子もいるので注意です。
中枢神経を麻痺させる作用があるので
呼吸をつかさどる神経が麻痺すると呼吸困難を起こすんですね。
ちょびにも半年に1回くらい、ほんのちょっぴり与えていただけでした。


猫にまたたび、と同じくらい誤解されてよく与えられているのが「猫草」。

猫草というのは一般的に燕麦などのイネ科の植物です。
食べると猫の胃にたまった毛玉を吐きやすくなるということで
食べさせる人が多いのですが、

基本、吐きたい時に吐けばいいので誘発する必要はないと思われます。
葉の先がとがっていてチクチクする猫草は
かえって胃壁を荒らし、必要以上に吐く行為を促すことにも
なりかねないので注意が必要です。

胃の中に溜まった毛玉対策としては、
まめにブラッシングをして毛を体内に取り込む量を減らしたり、
毛玉対策用のフードを食べさせたり
毛球排出を促すラキサトーンというお薬を使うこともできます。
(ラキサトーンは毛玉が排泄物と一緒に排泄されるよう促す薬です)
いずれも吐くことに比べれば健康的な手段です。
※もともと猫は犬よりも吐くことの多い動物ですけどねwww


かくいう私も、以前は猫草は与えた方がいいと思っていたのですが
病院の先生からも、食べたそうなら与えてもかまわないけれど
特に与える必要はない、と聞いて、それ以来やめたのでした(笑)

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。