上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たーちは家庭訪問があって車を使うので
くろっちーを病院に連れて行くにはちょっと面倒な事態になっています。
今日の場合は、

たーちが原チャリで職場へ→私がくろっちーと病院へ
→くろっちーの診察が終わったらくろっちーを帰宅させ、私はたーちの職場へ
→私がたーちの職場から原チャリで帰宅→たーちは家庭訪問へ

という手順でなんとか家庭訪問に間に合わせました(^^;)


昨日は病院でシャーシャー威嚇することもあまりなかったくろっちー、
今日はちょっと調子いいのか特に男性陣に向かって威嚇(爆)
でも看護師のAさん(私より少し年下の女性)には少し心を許したのか
たまにうーうー唸りながらも保定されてじっとしていました。

前々から病院で観察するに、Aさんが一番ペットたちの気持ちに
寄り添っている気がしていたのですが、
おそらくくろっちーも同じように思ったのでしょうね( ´艸`)
Aさんが優しく「大丈夫よ~^^」と首から頭にかけて
撫でている間に、院長先生が左足にステロイドの注射を打ちましたが
たぶんくろっちーは注射されたことに気づいてなかったと思います(爆)

女性好き(爆)
クロマ氏Aさんに心を許す、の巻(爆) じっとしていますwww

Aさんは結婚時に一度ここの病院を辞められたのですが
お子さんが小学生になったということで2年くらい前?に職場復帰されました。
でもお子さんを出来るだけ優先しての勤務なので
朝~16時までしかいないんです。
出来るだけこの時間に病院へ行けばくろっちーの通院ストレスも
ほんの少しは軽減されるかもしれませんねぇ。


帰宅!
帰宅したクロマ氏と、心配性のここあ嬢。

帰宅したくろっちー、夜になると今までで一番ぐったりさんに。
いつもは寝ない場所で寝てみたり。(←基本的に具合が悪い時にこうなる)

ハンモックIN
ハンモックに勝手に入っております。


おやつをくれー
ごはんを残しても、具合が悪くても、
おやつだけは、おやつだけは、おやつだけは欲しい!(爆)
「はよ、おもちゃにおやつを入れるニャ!」

心配して熱を測ってみると、脇下で38.3度。
一気に熱が下がったことも関係してるのかなぁ?
就寝前に測った時も38.6度でおよそ猫の平熱ではあります。
でも今までの経験上、ステロイドを打ったら元気になるはず。
こんなにぐったりなってしまうのはちょっと心配です。
明日も病院かもねー。




ステロイドを注射で投与。
明日以降は薬(プレドニゾロン5㎎を1日1回 3/4錠)で対応。
オザグレル錠100「KN」を今晩から1日2回 1/2錠ずつ投与。
再診(月曜)までのお薬を出してもらう。



【体調メモ】
朝 食 :完食
夕 食 :1/4ほど残した(後ほど少し食べたけれど結局残す)
うん○ :量は少ないが健康
おしっこ:色が濃い
抱っこ :朝1回と夜寝る前に1回だけ
その他 :
昨夜あまり食べていないので朝はガツガツ食べた(笑)
病院でステロイドを打ってもらって帰宅してから
今までで一番元気がない感じ
いつもは寝ない場所で寝たり、具合悪そうな寝相で寝たりしていた

体 温 :朝39.4度(←病院で直腸検温) 夜38.6度

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。