上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.12 鬼門の爪とぎ
くりとくらが我が家にやってきてから、
リビングと寝室のカーテンはほとんど撤去しています。

これは私の経験上の持論なのですが

小さい頃にカーテン登りを覚えなければ
その後一生カーテン登りはしない!・・・はず(笑)

小さい頃に壁や布(敷物等)で爪とぎをしなければ
その後一生決まった場所以外で爪とぎはしない!・・・はず(笑)

ちょび、ここあ、クロマの3匹は
この教育方針(笑)で小さい頃に教育していたので
猫飼いさんからは驚かれるほど
我が家のカーテン・壁・ラグは猫の爪痕がついていませんでした。

くりとくらが我が家に来た時、
「今回は手ごわいぞ~」と思った私。
なぜならば、今までで一番
育て始めた月齢が高かったし(生後2ヶ月半~)、
兄弟2匹を一緒に保育することになったからです。
(同じ月齢の子同士は信じられないパワーで遊ぶので危険危険!)

そういうわけで、特にリビングのカーテンは
しばらくの間完全撤去していたのですが、
くりとくらが去勢手術を受けている間に
リビングの大きな窓のカーテンをこっそり元に戻しました。
でもいまだに(夜も)束ねたままで、カーテンを閉めることはしていません。
気づかれないうちに少しずつ元の状態に戻して行きたいのだけれど
果たしてどうなるかな?(笑)

わりこっぼ!
わりこっぼ@王子を発見!
(わりこっぼ=鹿児島弁で「悪い子」の意味)

この状態から2匹でカーテンを使ってかくれんぼをして遊んだりすると
そこから興奮してカーテン登りに発展するので
この状態の時は要注意!
ママちゃんの監視の目が光りますよ~ww


ちなみに、壁での爪とぎは今のところしないので
NO!壁での爪とぎ! をクリアしている模様。

ですが・・・平面での爪とぎは、
家にやってくる前から既に習慣的にやっちゃっていたようで
ラグの上、ソファの座面などで時々爪を立てることがあります。
まめに爪切りをするよう心掛けて
もし爪を立てても引っかからないように・・・と思っていますが
(爪が引っかかるとさらに嬉しくなってバリバリやっちゃうのでねww)
興奮状態になると爪とぎしちゃうところがあるようなので
大人の猫になる頃には落ち着いてくれるといいなぁ。
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。