上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.25 不法占拠
実は3日ほど前から
かのんさんのおなかが緩くなっていました。
保護~1週間ほどはそこそこ健康なうん○が出ていたのに
ここに来て緩くなったということは
食べ過ぎか?
ストレスか?
それとも何か変なものを盗み食いでもしたか?

そんなことを考えながら様子を観ていたのですが、
さすがに3日も下痢(気味)の状態が続くと
かのんさんも辛かろうと思って、
昨夕のうん○がまだ緩い(しかもだんだん酷くなっている)ことを
確認したところで昨夕のうちに病院に電話。
今日診察してもらうよう手配しました。
(↑今日は予約診療なので前もって電話予約した)

予約した朝9:30に病院に到着して、すぐに診察。
熱は38.3度で平熱。
体重は保護当時2.1kg→本日2.6kgと増えていましたが
先生方の予想では
「もしかしたらおなかに虫がいるかもしれません」とのこと。

ちゃこぽんはおなかの虫も駆除せずに保護しとったのか!と
お叱りを受けそうですが、
実際は、保護した日に病院で
ノミ・耳ダニ・フィラリア・回虫・鉤虫を駆除するお薬(レボリューション)を
投与しているので、当然おなかに虫がいたとしても駆除されるはずで、
ゆえに糞便検査はしていませんでしたが特に心配はしていませんでした。
(まあこれだけやっていれば普通は心配せずともよいはず・・・)

しかし、先生方が「おなかに虫が・・・」とおっしゃる。
どういうこっちゃー???

早速、糞便検査をしていただくと
院長先生から「いますねぇ・・・」とのお言葉が。
「しかもかなりの数の卵が見える」と言われました。

どうやら、かのんさんはおなかの中でペットを飼っていたらしいです(爆)

糞から出てきた卵を見せてもらいましたが
「マンソン裂頭条虫」という寄生虫の卵。
(最初投与した薬では駆除出来ない寄生虫でした・・・)
名前が長すぎて覚えられないので、
診察室に貼ってあった成虫と卵の写真が載ったパネルを撮影してきました(^^;)

マンソン裂頭条虫
つまり成虫はきしめんとかパンツのゴム(笑)のような平たい紐状で、
卵はミジンコみたいな感じなのですねぇ。
この成虫が、体内に入ってきた栄養分を全部持っていっちゃうので
この寄生虫がいる子はどんどん痩せてしまって骨と皮になるのだそうです。
(かのんさんも保護当時ガリガリでしたからねぇ・・・)

そして、この寄生虫は
私が住んでいるような住宅地等(都会?)で保護された子には
ほとんどいないらしい。
田舎の自然が多い場所などで、
この寄生虫の幼虫?を体内に持っているカエルやトカゲを捕食することで
猫の体内で成虫に成長し、寄生するのだそうです。

たまたま、かのんさんを保護した場所というのが
鹿児島市内でもかなり外れの、田んぼや山が多いところだったので
予想外の寄生虫に当たってしまったというわけ。
「ちゃこぽんさんが、この子は予想以上に長く放浪していたんじゃないかと
おっしゃっていましたけれど、あながち間違いじゃなさそうですね」
と院長先生に言われました。

不幸中の幸いは、この寄生虫、
糞便などを介して他の猫たちに寄生することはない、ということ。
(幼虫?の段階で体に入らないと寄生しないようですね。
糞便に入っているのは卵なのでうつらないらしいです)


それにしてもかのんさん、
食べ物がなくてカエルやトカゲを食べたりしていたのか・・・。
家に来て1回目に出てきたうん○が、
土だか砂だか何だかわからないものだらけだったのですが
きっと生きるためにどんなものでも食べていたんでしょうね~。
そう考えると、ママちゃん、胸に迫るものがありました( ノД`)。


本当は空腹時に駆除薬を飲ませるのがいいらしいのですが
卵がいっぱい発見されたので、すぐその場で薬を投与。
かのんさん、ぎゃーぎゃーと大騒ぎ。
錠剤を喉の奥に入れられても「ワタシ飲みませんから!」と
ごっくんするのを拒否していたのですが
口の横からお水を入れられて、ついごっくんしてしまいました(笑)
1回の投薬で駆除しきれなかった場合は
またお薬を飲むことになるそうですが、
まあそれでも2~3回も投薬すればすべて駆除できるはず。


大変な生活だったのね~と、会計を待ちながら感傷に浸っていると
勤務医のS先生が
「早ければ1時間くらいで、吐くか、うん○から出てきますよ」
と恐ろしいことを言うし、
看護士さんも
「前にコレを嘔吐した子の嘔吐物を見たことあるんですが
じーっと見てたら微妙にうごめくんですよね」
と、鳥肌が立ちそうな話をするので、
完全にどんより気分の状態で帰宅しました。

いちおう、嘔吐しようがうん○から出てこようが対応できるように
中型犬用のサークルを、壁につかないようにポツンと設置して(笑)、
かのんさんにはしばらくその中に居てもらうことに。

ポツンと設置。
これはトイレシーツを敷いてかのんさんを中に入れたところ。
この後、後ろに見える黄色いトイレ(子猫用)も中に入れて
”その時”に備えました(爆)

薬を飲ませてから約3時間後・・・
おもむろにトイレ砂をざくざくと掘り始めたかのんさん。
下痢っぴでした。
そしてそのお尻に、紐みたいな白っぽいものが!(ぎゃー)
これは引っ張るしかないと決心した私、
トイレットペーパーを使ってその「紐(成虫)」を掴んで、引っ張ってみました。
おーーーー! 出てくる出てくる!
気分的には、万国旗をスルスルと引っ張り出す感じです(爆)
万国旗イメージ
↑イメージ図(爆)
病院で脅されたけど、きゃーきゃー言いながら意外と楽しめました(爆笑)
でも、かのんさんは引っ張られるのが嫌なようで
鳴きながら歩いて逃げようとします。
結局、「紐」は途中でぷっつり切れてしまいました。

またしばらくかのんさんを隔離していると再びトイレへ。
今度こそ逃さないぞー!と、再びトイレットペーパー片手に
引っ張る引っ張る・・・そして最後までスルリと抜けた感じが!(笑)
とりあえず1匹捕獲、というところでしょうかね。
さすがに記念撮影はせずに(爆)そのままペーパーに包んで処分しましたが、
きしめんよりだいぶ細くて(4mmくらい?)、厚みはペラペラ、
引っ張ると少しですがゴムみたいに伸びる感じがあります。
長さにして、おそらく2m近くはあったんじゃなかろうかと・・・(;^_^A
(嘔吐する場合はひと塊で出てくるそうですよ。滝汗)

先生の話では、まだ出てくる可能性もあるので
しばらくはトイレに行くたびに注意して観ておいてくださいと言われました。


夕方、帰宅したたーちに
万国旗を引っ張り出した顛末(爆)を話して聞かせたら
「ぎゃーーー!オレ家に居なくてよかったーーーーー!」だそうです(^^;)
妻が頑張っているのに、アナタ何言ってるのよー!(爆)


かのんさん
「大事に飼ってたペットがいなくなっちゃったわっ!」
今まで不法占拠されてたのよ? いなくなって良かったじゃなーい♪
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。