上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いってきまーす
「ちょっくら病院行ってきまーす!」

かのんさんの避妊手術日。
朝ごはんは抜きで、朝から病院へ向かいました。
体重は3.35kg。
あっという間にここちゃんと変わらない重さになってるー(^^;)
かのんさんを先生方にお願いして、私はディーラーへ。

先日、屋根を擦ってしまった我が家の愛車を修理に出して
代車のおんぼろヴィッツで家まで帰宅(笑)
(今どきハンドブレーキの車だったので衝撃でしたww)

帰宅して、やれやれ・・・と昼ごはんを食べてゆっくりしていたら
院長先生から電話が。
電話が来るのは何か問題が起きた時なので
正直ドキッとしながら電話に出ました。


先生 「かのんさんのおなかに傷か手術痕か判別できない傷があるんですが」

私 「それは以前に避妊手術をしてある可能性があるってことですね」

先生 「はい。でも開けてみないと確実なところはなんとも・・・。
通常の避妊手術痕と違って、傷が少し斜めだし、場所も若干ずれてるんですよね。
了解をいただいた上で切って確認する、ということでお電話を差し上げました」

私 「わかりましたお願いします」


ええー! かのんさん、既に手術していた疑惑!?
予想だにしない展開に若干うろたえる私(爆)
・・・それから約1時間後。

先生 「やはり避妊手術してあって卵巣が除去してあり子宮が退縮してきていました」
(犬と違い、猫の避妊手術は卵巣を取るだけで大丈夫です。子宮は自然に退縮します)

私 「じゃあ飼われていた時期があったということですね~」

先生 「そうですね~。でも保護当時の様子や寄生虫のことからすると、
手術後に迷い猫になって長いこと彷徨っていたのかもしれませんね~」


これはびっくり!
かのんさんが元飼い猫ならば、探している方がいらっしゃるかもしれず。
(保護したお店あたりでは探している方等もいなかったと聞いていますが・・・)
迷い猫掲示板などに投稿しようかと思いましたが
全国的な掲示板だったりするので探している方がそこまで辿り着くかは不明。
それより、保健所や動物管理センターに連絡しておいた方が効率的?と思い、
早速保健所と動物管理センターに電話を入れました。

結果・・・該当者なし。
(地域猫で避妊去勢した子は耳の一部にカットが入れてありますが
かのんさんはそれもないので地域猫でもない)

「保護して1ヶ月半になるんですが、
その間にワクチンを2回受けて、次に手術を・・・というところで
この手術痕が発覚したんです」
ということも管理センターに伝えると、
「おおお~、それは本当にいい人に拾っていただいた・・・(嬉)」
と喜んでいらっしゃいました(ええ、私はいい人ですけどね。爆笑)
とりあえずこのまま私が飼うことにします、と言ってから、
万が一探している方が連絡してきた時のために名前・住所・電話番号を
伝えておきました。

お店の方には私が連れて帰るということを伝えてから保護したので
保護したお店あたりでもし探していらっしゃる方がいれば
そちらのルートからも探し出せるはず。
(・・・とは言ってももう1ヶ月半経つし、
その間に3~4回はそこの店に行っているけど何もないのよね~)

おそらく、このまま我が家に居着くことが確実だとは思いますけどね(^^;)
というわけで、予定通り、手術が終わってかのんさんが帰ってきたら
正式に「祝!4C復活!」ということにします(笑)


晩ごはん
晩ごはん。
鶏せせりの唐揚げ、里芋・高野豆腐・にんじんの煮物、
ブロッコリーの芯・コーン・ツナのサラダ、豆腐・わかめの味噌汁、ごはん。
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。