上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灰が・・・
レンガがレンガの色じゃなくなっている・・・
降灰です。まったくもー!

昨夜はくりとくらの2匹が、夜通し派手に運動会をしていて
一向に寝る気配がなかったので
夜中3:30ごろ、私が2匹を連れてリビングへ。
たーちとここちゃんにはゆっくり休んでもらいました・・・

が。

ゆっくり休みすぎたたーち、いつもより1時間も寝坊(爆)
40分ほどでバタバタと朝風呂に入って、すぐ出勤しました(^^;)
私も急いでお昼のお弁当だけは作ってあげましたけど
朝ごはんは食べている時間がなく途中で買って行ったらしいです(笑)

そして同じく寝坊した私もドタバタ。
猫たちの世話を済ませ、急いで朝風呂に入ってから
かのんさんのお迎えに出発。


病院で、避妊手術前のドック検診の結果を説明してもらいました。
手術前に院長先生が電話をくださった時に既に伺っていたのですが
かのんさん、肝機能の数値が高いのです。
(ALT=244U/L。正常値は12-130)
さらにこちらも手術前に連絡を受けていましたが
レントゲンの所見として、腎臓、肝臓に若干の腫れ?があるようだと。
(腎臓の数値は正常)
どちらも手術を受けるにあたって問題があるほどの異常ではないので
そのまま手術を続行していただきました。
まあでも、肝臓はちょっと気になるところです。

肝機能の数値が高いことに関しては
もしかしたらおなかにいた寄生虫(マンソン君。爆)の
影響があるかもしれないので
念のためにということで、帰る間際に2回目の駆除薬投与(飲み薬です)。
あとは、日にちを空けて血液検査をして経過観察をしましょう、ということに。
虫のせいじゃなかったら、また他の原因を探らないとね。

先生からは、手術の際のおなかの中の写真も見せてもらいまして。
術前に撮った「手術痕らしき傷」や、開腹後に卵巣が無かったところや、
退化している子宮の写真も全部見せていただきましたよ。

そして、レントゲンで見ると、胸腺がうっすらと写っているので
かのんさんがまだ成猫になっていない子猫だということはわかったのですが
先生がおっしゃるには、相当早い時期に避妊手術を受けたのではないかと。
(私も予想していたのですが、手術可能になる生後4ヶ月の頃には手術したのではないかな~。
手術の時におなかの毛を剃りますが、うちに来た時は生え揃っていたし。)


かのんさんの耳には、去勢済みの地域猫のしるしである
「耳カット」(有名猫「はっちゃん」のように耳の一部をカット)はありません。
いろいろなことを総合して考えた結果、先生の予想としては

地域猫というシステムはいろいろと制約が厳しいので
(保護団体の立ち上げをする必要等がある)
地域猫の形を取らず、猫好きな方が、個人で一時保護して
近所の野良猫が増えないように自費で手術をしてリリースしたか、
またはちゃこぽんさんの予想のように、元飼い猫だった子が迷子になったか、
ということだと思います、

とのことでした。

いずれにせよ、今まで届け出もないし、
このままちゃこぽん家の子ということで落ち着きそうな感じです。


かのんさんは入院中もそこそこフレンドリーだったそうですよ(笑)
私のところに連れてきてもらったら
2、30秒後に、急にママちゃんを思い出したのか、
抱っこ~♪スリスリ~♪頭ごっつん♪してくれました。
よ~し、おうちに帰るよ~(^^)


おかえり~
特に何事もなかったかのように振る舞う猫たち(笑)
普通は病院の匂いがすると気になるんじゃないのかね?(^^;)

ぷっくりおなか
おお、おなか剃ってあるから、えらく巨乳に見えますぞ(爆)
我が家からグラドル誕生か!?(爆爆)

ホルスタイン!!
ん?でも待てよ・・・これは・・・

ホルスタイン!
これは・・・グラドルというよりは、ホルスタインじゃ!(爆)
牛乳 猫乳いっぱい搾れそう・・・( ´艸`)

ぐーぐー
夕食後、抱っこしてあげたら、この格好でぐっすり寝ていました。
かのんさん、お疲れさま!
手術も終わったし、正式にうちの子認定しますよ~(^^)
(↑探しているかもしれない飼い主さんのことは無視かいっ!爆)

前は犬2、猫2の4Cでしたが
これからは猫4の4Cになります。
4C時代が永く続きますように・・・☆

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。