上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝は私の歯医者(2回目)に行き、
その後、動物病院の夕方の診療にかのんさんを連れて行きました。

かのんさんの「ぴょこたん歩き」を前回診察してもらったのは4/6。
わずかながらまだぴょこたんぴょこたんしています。
筋を伸ばした程度なら3日で治るはずだったのですが
1週間経ってもぴょこたん。
そろそろ治るかな~と思いつつ2週間経ったけどまだぴょこたん。

ついに再診していただくことに。

診察室にて、かのんさん、腕の可動域をぐりぐり動かされて、
痛いところで鳴けばいいのに
ずっとニ゛ャーニ゛ャー鳴いているので
「全部同じように鳴くからどこが痛いかわかりにくいですね~(^^;)」
って先生方も困っていましたwww

動かした際に痛がっていることには間違いなさそうなのでレントゲン撮影を。
その結果・・・

肩関節の軟骨
(↑もうちょっとするとちゃんと固い骨になるけど幼い時はまだ軟らかいらしい)
が、成長過程で肩関節の骨が固まっていない時分に
ムリな力が加わったことによりちょっと剥離(損傷)しているようで。
剥離とは言っても分類としては一応「骨折」になります、と言われました(^^;)

同じ症状の大型犬の場合は、成長過程でこうなってしまうと
成犬になった時に足の長さが違ってきてしまうらしく
この場合は治療せず放置、というのはダメ。

だけど、猫の場合は体が小さく、関節にかかる負担が少ないので
放ってれば自然と治っていくそうです(爆)
というか、固定したりすると却ってよくないらしい。

∴かのんさん、薬も治療も要らずに済みました。
 (今年の家計は厳しいのでなんとも親孝行な娘ですwww)

大丈夫よ♪
寝起きのかのんさん(顔の左側が寝癖っぽいことに・・・w)
病院で腕をグルグル回されて疲れたらしく
家に帰ってごはんを食べたらぐーぐー寝ていました。
夜もゆっくり寝てちょうだいね(^^)
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。