上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日病院へ行った時に、フィラリア予防を勧められました。
(実は去年もゆる~い感じで勧められたのだけど、
くろっちーの病気や子育てのことでバタバタしていてそのままになっていたw)

最近になって、犬フィラリア症が猫に感染して発症する確率が
今まで考えられていたより高いことがわかってきたらしく、
去年までだと「予防しますか~?」くらいのトーンだったのが
今年は「予防することをお勧めします」という感じに変わってきたんですね。

http://peterrace.jp/sick/thema2/cat03/sick_80.html
猫の犬フィラリア症について

http://news.mynavi.jp/news/2014/09/16/263/
犬だけじゃない! 猫のフィラリア症について獣医師が解説

とは言っても、うちは今年、まれにみる低収入が続いているので(笑)、
4Cすべてに予防薬を処方してもらうと家計が大変(^^;)
参考までに、うちの犬たちが使っていた「レボリューション」というお薬は
かりんさんくらいの体重の子で、1ヶ月分およそ1300円。
(チャコさんは犬用で合う量がなくて猫用を使っていましたがお値段忘れちゃった。
おそらくかりんさん用と変わらない金額だったかと・・・)


約1300円×4Cだと、ひと月にフィラリア予防薬だけで5000円以上かかります。
それが8ヶ月(5~12月)続くので、年間のお薬代はなかなかの金額に。
先生に「せんせ~、うち今年はホントに家計が厳しいのでどうしましょ~?」
と相談したら、
「ちょっと荒業ですけど、体重20kgの犬用を4匹で分ける、っていうのはどうですか?」
と言われました(私、内心ガッツポーズ!)

実は、レボリューションの犬用と猫用は、
濃度が12%と6%という違いがあるだけで中身は一緒らしいです。
濃度が違うけれど、猫用は見た目の量が多い(薄めてある)ので、
結局投与している薬の実際の量は犬と変わりません。
そして、体重20kgの犬用だと・・・アラ奥さん!
お値段がひと月2060円に抑えられるんですってー♪
先生、GJ!!

そして、猫の場合、フィラリア予防薬の投与をする前に
血液検査は必要ないとのことで
(↑健康のためとはいえ、実はこれも痛い出費なのですよね)
遅ればせながら今月から投与を開始することにしました。

フィラリア投与前の血検が必要ない、ということについては
動物病院によって考え方が違うと思いますが

http://www.konekono-heya.com/byouki/parasite/filaria.html
子猫のへや

http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_koramu/nf_nekofira_BT.html
猫のフィラリア、検査は必須ではない

要するに、血液検査したからといって発見できる可能性はものすごく低いので
わざわざ痛い思い(猫の体&飼い主のお財布w)をしてまで
検査する必要はないんじゃないか、ということですかね。
しかも、我が家の猫たち(ここちゃん以外)は
家で生活を始める際に、全員猫用レボリューションを一度投与していますし、
特にかのんさんが家にやってきた時は
ここちゃんを含め全員あらためて投与しています。
(すべて、ノミ・回虫対策のためです)
このお薬は経験済みですので、あまり心配していません。

トンネルLOVE♪
「ふ~ん・・・ワタシみたいにお庭でくつろぎたい子は必要だね」
そのとおり!
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。