上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.21 ヨカッタ!
昨日の興奮が冷めやらぬワタクシ。
今日・明日はたーちがお休みなので(高校は夏休みに入っていますw)、
昨日買ったDVDをゆっくり堪能♪


↑こちらのDVDでございます。
会場では3240円で購入したのでAmazonで購入してもほぼ同じ金額ですね。


最初に、「仮面舞踏会」のオスカルを歌うロストが。
これが・・・今まで聴いた中で一番しっくり来るオスカルで、
あまりにもロストの声が適役だったので
それだけでもうこのDVDを買った価値がありました!


「仮面舞踏会」より どんな衣装か知りたいだろう?(ソプラノ : アンドレア・ロスト)
オスカルのアリアは2曲ありますが、これは3幕のアリア。
いいねぇ~合ってるね~ヽ(`▽´)/



「椿姫」より 花から花へ(ソプラノ : アンドレア・ロスト)
ヴィオレッタもぴったりだねぇ~♪

ガラなので、いろんな歌手が出演していますが
指揮がアバドということもあり
ロストが出ていない曲ももちろんクオリティが高い(^^)
特に「ファルスタッフ」の2幕終わりごろのドタバタ劇と
終幕の演奏は、ほとんどオペラを観ているような演出で楽しめました♪


ガラの最後はこちらの曲で〆。


「仮面舞踏会」の名曲をヨハン・シュトラウスがカドリーユに編曲したもの。
ヴェルディなのにヨハン・シュトラウスになっちゃっているところが面白いw
そしてこの頃のベルリン・フィルは、まだ安永徹さんがコンマスの時代ですね。
安永さんがどんなに凄い人なのかということは
日本人の場合、クラシック好きな人でなければあまり知らないようですが、
久しぶりに映像を見て思わず
「おー!安永さんだ!」と声が出てしまいました(笑)
私は、安永さんって小澤征爾と同じくらい有名になってもいい人だと
思っているんですけどね。
(こういう場合、小澤さんと比較するのもなんだかな~ですがw)
フェンシングの世界選手権、フルーレで太田雄貴選手が優勝したという
嬉しいニュースがありましたが、
完全にヨーロッパの文化であるフェンシングの世界で日本人が優勝したことと
安永さんがベルリン・フィルで25年間もコンサートマスターを務めたことは
どこか似ている気がします。

安永さんの後、現在のベルリン・フィルのコンマスは樫本大進さん。
樫本さんは今回の音楽祭で室内楽等を演奏されます。
本当は、オーケストラ公演でソリストも務めるはずでしたが
ちょうど奥さまの第一子出産と重なるそうで、ソリストは川久保賜紀さんに変更。
まあ、川久保さんも下野さんとのコンビで以前CDを出しているし
お互いよくわかり合っていると思うので演奏に期待・・・(`・ω・´)

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。