上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月のオペラ「フィガロの結婚」、
3日前のみやまコンセールでのコンサートに続き、
今日は鹿児島市にあるカテドラル・ザビエル教会にて
再びアンドレア・ロストのコンサートです♪

アンドレア・ロスト
ロストさんの左にチラリと見えるのは、先日ヴィルサラーゼのコンサートで
客席にふつーに座っていたダン・タイ・ソン氏(^^)

たーちは遠くの職場に出勤の日だったので今回は行きません(笑)
私ひとりで行ってきましたよ(^^)
カテドラル・ザビエル教会は、我が家から車で10分もかからないところにあります。

ザビエル教会・外観
外観はこんな感じです(数年前に撮った写真デス)
15年ほど前までは木造の歴史ある建物だったのですが
老朽化と、ザビエル渡来450年を記念して、
現在の近代的な建物に建て替えられました。

ザビエル教会・内部(前方)
陽が射している時間帯は、聖堂の中に青と赤の光が射します。
赤は殉教者たちの血の色や宣教師の情熱を表し、
青は祈りや静寂、海の色を表しているそうです。

ザビエル教会・内部(後方)
聖堂の後方を振り返って見ると、
小さな教会ながらも素晴らしいパイプオルガンがございます。

自由席のチケットだったので、適当に席を取ってふと見ると、
大昔、声楽を習い始めた時に一番最初に師事した恩師が斜め前に(笑)
(久しぶりにお会いしたので、休憩時間はずっと彼女とおしゃべりしましたww)

休憩中
日がとっぷりと暮れると、聖堂はこんな感じに。(休憩時間に撮影)

ロストの演奏は、先日の公演よりさらに素晴らしく、
とにかく聞き惚れてしまいました♡ 素敵すぎる♡

St. Xavier's Church Concert
"My Colors"
アンドレア・ロスト(Andrea Rost)soprano
石野真穂(Maho Ishino)piano

「フィガロの結婚」より とうとう嬉しい時が来た(Deh vieni non tardar)
「ドン・ジョヴァンニ」より ぶってよ、マゼット(Batti, batti, o bel Masetto)
モーツァルト ピアノソナタ第16番 ハ長調 K.545より 第1楽章(Piano solo)
「リゴレット」より いつも日曜日の教会で(Tutte le feste al tempio)
「椿姫」より さようなら、過ぎ去った日々よ(Addio del passato)
「オテロ」より アヴェ・マリア(Ave Maria)
―休憩―
「フィガロの結婚」より 愛の神よ(Porgi, amor, qualche ristoro)
「バーンク・バーン」(エルケル)より バーンク、私を殺して(Ölj meg engemet Bánk…)
ビゼー「カルメン」より前奏曲(Piano solo)
「ファウスト」より 宝石の歌(Ah! Je ris de me voir si belle)
「道化師」より 鳥の歌(Stridono lassu)

アンコール
「フィガロの結婚」より 恋とはどんなものかしら(Voi che sapete)
「蝶々夫人」より ある晴れた日に(Un bel di, vedremo)
「ジャンニ・スキッキ」より 私のお父様(O mio babbino caro)


教会はとてもよく響くよう造られているので、
歌い手は余計な力を入れずに、意識して声を細く集めた方が
聴衆にとって聴きやすい声になります。
今日のロストさんも、
先日より当たる(響く)場所の的を絞って歌っていたように思います。
ゆえに迫力というよりは繊細さが際立つ演奏でしたよ(^^)
日本の演奏会ではまず聴くことのない、
彼女の母国であるハンガリーの、エルケル作曲のオペラのアリアもとても素敵でした。
アンコールの蝶々さんで、
数秒間音をロスト(lost)して、ピアニストと共に迷走(迷奏)したことは
ここだけのヒミツです(爆。音楽家とオペラ好きな人なら気づいたと思いますがww)

今回の演奏会は、ほぼ1~2曲ごとに、ロストさん自身の解説や想い出話が語られて
大変楽しかったのですが、
その中で「おおー!」と思ったことが。

彼女が若かりし時、ジルダ(「リゴレット」)のオーディションを受けた時の
ムーティーとのやりとりを面白おかしくおしゃべりしていたのですが、
その時の「リゴレット」は、リゴレット役がブルソン、マントヴァ伯爵がアラーニャ・・・

ええーーーっ!
私、そのCD、昨日amazonでポチ☆しましたけどーーー(興奮www)
ここで繋がることになろうとは。

とにかく私はバリトン歌手の中でブルソンが一番好きなので
どう考えても声質がジルダにぴったりのロストとブルソンの競演ならば
買うしかないでしょー!と思って購入したのですが、買ってよかったー♪
(聴いた皆さんのレビューもとても良いです)


早く届け~♪

本当は、同じ録音でDVDもあるはずなんですが、絶盤になっているらしい。
YouTubeで全曲の映像を見つけて真剣に観ましたが
これはもう・・・素晴らしすぎる。
ジルダは容姿・声ともに、やはりロストにぴったりの役ですね♡


↑今となっては幻のDVD。YouTubeに上げてくれた人アリガトウ。

そしてこんなに凄い歌姫が、
遠い日本の片田舎、鹿児島の小さなホールや教会で歌ってくれたという事実に
本当に感動してしまった私なのでした(T-T)


終了後も恩師と話しながら会場の外に出たのですが
恩師がオペラに出演し始めた頃、
一からいろいろと教えてくれたのがたーちだったそうで。
また夫婦共々演奏活動してちょうだいよーと懇願されました(^^;)
私はともかく、たーちには演奏活動をしてもらいたいのですが
肝心のたーちにやる気がないので困ります(´・_・`)
恩師に「たーちに電話でもして、尻を叩いてやってください」と
お願いしておきましたww

次に鑑賞予定のコンサートは日曜日。
ヴィルサラーゼさんプロデュースの室内楽の演奏会です(^^)
台風来ないで~!!


帰宅した時間が遅かったので、晩ごはんを食べるのが面倒になってしまい・・・

ひとり飲み♪
出掛ける前に作っておいた煮物(厚揚げ・鶏せせり・えのき)をつまみに
ギネスのスタウトを・・・と言いたいところですが
近所にギネスのスタウトを売っているお店が見つからないので
仕方なくキリン一番搾りスタウトを。笑。(注いだのはギネスのグラスですwww)
でもねー、やっぱりキリンはキリンなのー。違うのー。
ギネスのあの味がやっぱり恋しいわー。

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。