上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日は実家の嵐が吹き荒れましたが、
それもようやく落ち着いたので
ついにこの話題を書かねばならなくなりました。

愛しのクロ
祖母宅で飼われていた番犬クロ。
8月初旬に、帰らぬ犬となってしまったそうです。
先日、実家の母が家に来た時分に聞きました。
母もつい先日叔父(←母の弟)から電話を貰って知ったそうです。

はっきり言って、チャコかりんが亡くなった時よりショックだったのですが・・・
それはきっと距離があってなかなか会えなかったからかもね。

クロはまだ10歳くらいだったと思うのですが、
如何せん、ど田舎の外飼い番犬だったクロ。
一昨年、フィラリアにかかっていることが発覚し、
お薬等で加療していましたが、腹水が溜まってしまったそうです。
もう少し犬に対する意識が高い地域に住んでいて
フィラリア予防をしていれば・・・と思いますが、それもタラレバの話。
たとえ病気になろうが、
お散歩に連れ出せばのびのびと田んぼを駆け回ることが出来る生活が
陽気なクロには合っていたのかもしれません。

へそ天クロ
私に撫でられてへそ天を披露するクロ。

後悔するのは、今年のお正月、クロに会えなかったこと。
まさか最後のチャンスになるとは思っていなかったけど
もの凄い寒波が来ていたのと、去年拾った3Cがまだ幼かったこともあって
祖母の家での親戚の集まりに行けなかったのです。
あの時行っていれば、まだそこそこ元気なクロに会えたかもね。

フィラリア発覚後は、前みたいに元気じゃなくなって・・・という話は
叔父から聞いていたんですけどね。
たぶん叔父もショックだっただろうと思います。

叔父は祖父の代からの小さな店をやっていて、
店の隣に倉庫があるのですが
その倉庫に泥棒が入らないようずっと番犬を飼っています。
(外飼いですが、ビニールシートの屋根つき駐車場の中で飼っています)
以前チビという名前の柴MIXを飼っていて
この子は16歳くらいまで長生きしたのですが
次に飼ったダイというMIXワンが、2歳くらいで
おそらくねずみ除けか何かの毒だんごを誤食してあっという間に亡くなり、
(ダイはとても賢かったそうですが、叔父が見ていない間に食べてしまったらしい)
その喪失感を癒してくれた次の番犬が、ちょっと天然ボケが入ったクロでした。

エヘヘなクロ
私に撫でられてエヘヘ~♪なクロ。

クロ、お空ではチャコかりんに会えたかなぁ?
(生前は1度だけ、しかもほんの少ししか会ったことがないので
果たしてお互い覚えているかどうか。笑)
チャコかりんはもしかしたら会った時に吠えたかもしれないけど、
単にデカわんこにビビってるだけだからね。
広いところを一緒に駆け回って仲良くしてあげてね(^^)



もう一緒にお散歩も出来なくなっちゃって残念。

実は次の日曜日に祖母宅へ行く予定なのです。
あと少しだけ長生きしてくれれば会えただけに本当に残念なのです・・・。

ばいばい、クロ
バイバイ、愛しのクロ! またいつかね・・・

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。